HOME > 講座・研究会 > 樹木と緑化の総合技術講座 > 講座概要(前期)

 

平成29年度 樹木と緑化の総合技術講座<前期> 概要
時間割 PDF234KB

 

講義科目・講師名 講義のポイント
緑化樹木・技術をとりまく最近の問題と課題
細野 哲央
千葉大学園芸学部 特任助教
最近の樹木の生育環境の悪化、植栽管理技術の低下など、樹木の育成管理を巡る問題点と改善策について、また街路樹の安全管理について学ぶ。
植物の生理・生態
福田 健二
東京大学大学院農学生命科学研究科 教授
樹木を構成する組織の構造とその特徴、光合成や樹木体内の水分の移動、呼吸など樹木が生きていくためのメカニズムを解説する。
人と生きものを取り巻く環境の現状と課題

下村 彰男

東京大学大学院農学生命科学研究科 教授
人の健康や生存を脅かす新たな環境問題が続発する中、真に安全・安心な環境を持続的に維持するため、都市の緑の役割や里地里山の役割を通じて、植物・植生の有する潜在能力(機能)や自然性をいかに活用あるいは保全・再生すべきかについて解説する。
草花植栽の基礎知識
〜公共の場で映える花壇づくり〜

山 浩美 (有)山×高瀬計画室 代表
1・2年草、多年草、球根などの植栽について、種類の選定方法、植栽規模に応じた使い方、植栽密度、植栽基盤の作り方について解説する。
植栽計画の視点
戸田 芳樹
(株)戸田芳樹風景計画 代表取締役
樹木の植栽計画について、計画全体のコンセプトと植栽計画のコンセプトとの関係性、植栽空間の組み立て方、樹種の選択、配植などのデザインプロセスを、事例を基に解説する。
植物の植栽に関わる基本的考え方
山本 紀久
(株)愛植物設計事務所 会長
植栽計画の構想から設計について植物を扱うための基礎的な考え方、植物の生態・生理特性を踏まえた配植、デザインの考え方(単植、列植、群植)、地域性種苗の利用促進とその重要性について解説する。
樹木腐朽病害の基礎知識
阿部 恭久
日本大学生物資源科学部 教授
身近な樹木が台風などの強風により、折れたり倒れたりして被害を及ぼしている。その原因の一つである木材腐朽菌による病害について、腐朽病害のメカニズム、発生生態、見分け方、予兆を見逃さない日常管理の手順と対処方法について解説する。
樹木(木本類)管理の基礎知識
堀 大才
NPO法人生態研究会 代表理事
健全な環境緑化樹林の成立、健康で安全な樹木の生育のために必要な生理的・生態的・力学的な基本知識について説明し、それらを踏まえた日常的な維持管理手法について解説する。
農薬の取り扱い方法の基礎知識

農林水産消費安全技術センター 農薬検査部 生物課
農薬の安全・的確な取り扱い方、農薬登録情報データベースの役割と利用方法、総合的病虫害管理(IPM:Integrated Pest Management)の基本的な考え方について解説する。
植栽基盤の調査・判定と改良方法の基礎知識
長谷川 秀三
ジオグリーンテック(株) 代表取締役
樹木の育成管理の基本となる植栽基盤の土壌について、最新の土壌調査法や結果の評価、判定、土壌改良等整備工法等を解説する。
樹木の虫害の基礎知識
北島 博 

森林総合研究所 広葉樹害虫担当チーム長

樹木の生育に害を与える主な虫の種類と生態、虫害の影響、その対策を解説する。
樹木の病害の基礎知識
金子 繁
元森林総合研究所関西支所長
樹木の生育に害を与える主な病原とその生態、病害の影響、その対策を解説する。
植物の維持管理に関わる基本的考え方
濱野 周泰
東京農業大学地域環境科学部 教授
植物全般の維持管理の基本的考え方、植物の生理特性を踏まえた維持管理の重要性、緑化現場における維持管理の現状と課題について解説する。
都市の緑の動向とその可能性〜みんなが楽しい草花の管理〜
水野 妙子 日比谷アメニス(株)企画設計室
(仮)実際携わった物件を中心に事例を踏まえ、今後の緑のあり方や質について屋上、壁面緑化などの留意する内容について解説する。

 ※講師及び内容について一部変更することがあります。ご承知おきください

 

受講者の声
  • 基礎知識から最近のタイムリーな問題まで幅広く学べてよかった。
  • 難しい講座かもしれないと心配だったが、わかりやすく楽しい説明だったのでとても勉強になった。
  • 樹木や草花について幅広くいろいろな事が学べ、個性的な先生もいて楽しかった。
  • 全体を通して最新の知見に基づいた講義が多く、とても有益でした。書籍の販売も充実していて、受講者に対しての配慮が細部になされていました。
  • 造園の立場、樹木医としての立場、研究者としての立場など、それぞれの立場からの話を聞くことができ、心より感謝しています。自分ももっと勉強して高い専門性を身に付けたいと思いました。
  • 「樹木医の手引き」を執筆されている先生が講師をされている講座もあり、受験直前の知識の定着として非常に有意義でした。
  • 有名講師の先生方の講義を直接受けることができて本当によかった。
  • お話はどれも興味深く面白かったのですが、どの先生も時間が足りなくて、もっともっとたくさんお話を聞いていたかったです。
  • 今回受けた講義をもう一度整理し、今後の仕事に生かせるようにしていきたいと思った。
  • 現場を点検する際に見るべき所や、植栽時の留意点についても学ぶことができ、非常に勉強になった。
  • 樹木に現れた病徴が、生理的なメカニズムの面からもわかるようになり、体系的に学べるとてもよい機会となりましたし、仕事を進める上でも大きな手助けになると思います。
  • 様々な職種の方がそれぞれの目的を持って受講しており、いい意味で刺激を受けました。

 ※原文のまま掲載

講座概要<後期>

 

このページのトップへ