HOME > 日本緑化センターについて

日本緑化センターについて

日本緑化センターは総合的な緑化の推進に寄与します

プロフィール

日本緑化センターは、昭和48(1973)年9月、 経済界をはじめ、林業、農業、造園建設業、 緑化樹木生産業など民間各界が中心となり、旧農林省・建設省・通商産業省の三省と関係方面の協力により設立されました。

事業の内容は、緑化に関する、専門技術者の養成認定、技術講座・研究会の開催、情報の収集・提供、思想の普及・啓発、調査研究、技術開発など幅広い分野にわたっており、その成果は各方面から高く評価されています。

今日、地球温暖化防止、生物多様性の保全、自然再生など課題が山積しています。

当センターは、これらの課題に対応し、国際的な貢献も視野にとらえて、総合的な緑化の推進に寄与してまいります。

 

名 称 一般財団法人 日本緑化センター(にほんりょっかせんたー)
Japan Greenery Research and Development Center
所在地 〒107-0052 東京都港区赤坂1−9−13 三会堂ビル
T E L 03-3585-3561
F A X 03-3582-7714
代表者 会長 進藤 清貴(しんどう・きよたか)
沿 革 昭和48年(1973)9月10日 設立
平成25年(2013)4月1日 一般財団法人移行
緑化専門
技 術 者
養成認定
登録商標※これらは当センターの登録商標です

 

当センターは緑化の推進に資する各種事業へのご支援をいただく賛助会員制度を設けています。

賛助会員の皆様には機関誌・各種情報の提供、研究会への案内、コンサルタント業務などを通じ
 て、環境緑化の輪を広げています  賛助会員制度

 

事業の体系

事業の体系

組織

組織

このページのトップへ


樹木医 松保護士 自然再生士