HOME > 機関誌・技術図書 > グリーン・エージ > バックナンバー > 2015年3月号

グリーン・エ−ジ

2015年3月号 No.495号

特集・五感を通して植物と人の関係を考える

 

27万もの種類が知られる陸上植物の中には、人の五感に働きかける豊富な特性を有する植物が多数存在します。本号では、主に人の味覚、嗅覚、視覚に働きかける植物の特性に注目した取り組みについて、現状と課題、環境教育や緑地づくりへの応用を考えます。

 

表紙:行事型森のようちえんでの朝の会の一コマ(写真提供:今村光章)

グリーンエージ最新号表紙

目次

 特集・五感を通して植物と人の関係を考える

今日の課題

五感を通して植物とつながる意義

広島国際大学 感性デザイン学教育研究室 教授・神経内科医 吉長 成恭
味覚修飾植物体験を用いた味覚教育 日本福祉大学 健康科学研究所 客員研究所員
島村 光治
植物の香りが織りなす生物間コミュニケーション
東京理科大学 基礎工学部生物工学科 准教授 有村 源一郎
植物の生理的リラックス・生体調整効果 千葉大学環境健康フィールド科学センター

宮崎 良文、

池井 晴美、

宋チョロン、

五十嵐 美穂

五感で楽しむ植物を活用した展示と学習支援 国立科学博物館 植物研究部 堤 千絵
行事型森のようちえんの魅力

ぎふ☆森のようちえん代表

(岐阜大学教授)

今村光章
ヒーリングガーデンの生み出すエネルギー 日本緑化センター 企画広報部長 瀧 邦夫

 

 連載・記事

人と環境<7>

南極から地球環境変動を探る

東北大学名誉教授

福西 浩

未知しるべ<7>

働かないアリはなぜいるのか?

北海道大学大学院農学研究院生物生態・体系学分野 准教授 長谷川英祐

現代の松原人<12>

はかた「夢松原」の挑戦

NPO法人はかた夢松原の会 理事長 礒谷慶子

生きもの日誌<23>

ニホントカゲ−闘争する雄と卵を守る雌−

兵庫県立大学 教授・兵庫県立人と自然の博物館 研究部長 太田英利

<最終回> 樹木医の岡目八木<12>

樹齢、そして樹霊

樹木文化研究所 樹木医・科学ジャーナリスト 持丸和朗

悠久の樹木<20>

オオシマザクラ−市民が護った広町緑地のシンボルツリー(神奈川県)矢印悠久の樹木とは?

日本樹木医会神奈川県支部 支部長 有賀一郎

自然再生事例<30>

三方五湖自然再生協議会による自然再生の取り組み

福井県里山里海湖研究所 研究員 石井 潤

草木に学ぶ里山の自然再生<60>

微地形と植生

(一財)日本緑化センター研究員 麻生 嘉

 

  本誌掲載写真をカラーで掲載しています → フォトギャラリー

  本誌掲載記事で参照している、ホームページの一覧を掲載しています → リンクギャラリー

お問い合わせ・お申し込み

  • 価格  年間購読(12冊):9,600円(税込・送料無料) 1冊:800円(税込・送料別86円)
  • お問い合わせ (一財)日本緑化センター 書籍担当まで

  • TEL 03-3585-3561 FAX 03-3582-7714 パソコンからの問い合わせはこちら

  • お申込み 以下のどちらかの方法でお申し込みください。

  • ・1冊からご注文いただけます。
    ・年間購読はバックナンバーからの購読開始も可能です。開始号を忘れずにご記入ください。

1.

Web_Book Shop(パソコン)から

申込書

22KB

54KB

2.

申込書に記入し、FAXまたはメール(メールアドレス)でお送りください。

 

このページのトップへ