HOME > 機関誌・技術図書 > 松保護士の手引き

技術図書

松保護士の手引き 改訂2版

B5判 360ページ 定価:本体4,500円+税(送料別)

2015年12月末日 発売

ISBN:978-4-931085-56-5

 

本書は、松保護士を養成する教材とするためマツの保護に関連する諸分野にわたる知識・技術を網羅して作成した「松保護士の手引き」(平成19年発行)に、大幅な加筆訂正を行った改訂2版です。

本書は主に松保護士講習会受講者、および第一線で活動する松保護士を対象としています。とりわけ、防除事業を指導する地方公共団体の担当職員および防除事業を実施する森林組合職員等にとっては必携の書といえます。

あわせて、マツ・松林の保護、樹勢回復、樹木治療等、常日頃からマツに携わっている方々とともに、津波被害を受けた松原再生に取り組んでいる方々に参照していただきたい技術図書です。

画像:最新号表紙

 

主な改訂の内容

  • 【第5章 マツ材線虫病の診断と防除】では、マツ材線虫病のメカニズム、マツノザイセンチュウおよびマツノマダラカミキリの生態、診断と防除に関して最新の知見をもとに解説するとともに、要防除木の位置を把握する探査技術、予防散布の健康および環境影響を新たに追加しました
  • 【第11章 被災海岸林の整備・保全】では、東日本大震災における海岸林の津波被害(幹折れ・根返り・傾きなど被害の形態)と再生(健全なクロマツ林をつくる、なぜクロマツか、植栽基盤盛土、コンテナ苗、課題)、海岸林造成における盛土などを、【第12章 海岸林の生態系保全】では、海岸域、砂浜、海浜植生の生態系保全、海岸マツ林の生態系保全と保全技術を新たに追加しました
  • 構成や執筆者の変更がない章も、内容の検証、情報、図・写真の更新・加筆を行いました
  • カラー印刷により、写真や図表が見やすくなりました
  • 本文が130ページ増え、内容がより充実しました

主要目次

第1章 松林の歴史と文化
第2章 マツ類の生理と構造および松林の生態
第3章 マツ枯れとマツ枯れ研究の歴史
第4章 松林の現状と対策
第5章 マツ材線虫病の診断と防除
第6章 マツ材線虫病以外の病虫害
第7章 マツ材線虫病等の防除薬剤
第8章 マツノザイセンチュウ抵抗性育種
第9章 マツ類の育成と管理
第10章 海岸林の整備・保全
第11章 被災海岸林の整備・保全
第12章 海岸林の生態系保全
資料編 樹幹注入の標準仕様書(案)、松保護士制度の概要など

 

本文見本

 

 

詳細目次: PDF 398KB / 索引: PDF 567KB / 執筆者一覧: PDF 287KB

 

 

ネットショップからのご購入はこちら

 

お問い合わせとご購入

このページのトップへ