グリーン・エ−ジ
もどるホーム
 
グリーンエージ2007年7月号
グリーン・エージ 2007年8月号
テ−マ:イチョウの歴史、イチョウの文化
イチョウは中国原産といわれ 、寺院や神社には古木が多く、天然記念物に指定されたり、母乳の分泌をよくする霊力があるとして、信仰されている木もあります。また、街路樹として高木では最も多く使われていて、実を食べ、材を家具等に利用、葉を薬にするなど用途も多く身近な木です。今号はイチョウを考えます。
 
8月号表紙:初夏の萩城下町(写真提供萩市役所)
目次
 
今日の課題  
  日本列島の豊かな植物相 東京大学大学院理学系研究科教授 邑田 仁
特集  
スペース 1)イチョウの歴史〜進化・化石 中央大学理工学部教授 西田治文
  2)イチョウの生理と生態 国立科学博物館筑波実験植物園研究部長
加藤雅啓
  3)イチョウの利用〜食料、木材、薬用として 東北大学植物園長・教授 鈴木 三男
  4)街路樹としてのイチョウ 富沢造園 新井 孝次朗
  5)日本一の大イチョウの管理 深浦町教育委員会
連載・記事  
  1)随想・花によせる心−ハス 花芸安達流二代主宰 安達 曈子
  2)根の系譜 <19>
 髯根を愛育するは培養法の奥義なることを熟知せよ 
元森林総合研究所・農学博士
東邦レオ(株)技術顧問 苅住 f
  3)海外の緑化事情
 パリで見るモザイク状の緑のデザイン
西田正徳・ランドスケープ・デザイン・アトリエ
(N.L.D.A)西田 正徳
  4)業界最前線・生産者としてできること 丸八種苗園代表取締役 上条 祐一郎
  5)明治のガーデニング/明治21〜30年代 園遊舎主人 青木 宏一郎
  6)萩、400年の歴史的風土を歩く (財)日本緑化センター 石井健雄
  7)グリーンネットワーク他