近年、経済社会の成熟化に伴う国民の価値観の変化等により、個性のある美しい街並みや景観の形成が求められるようになっており、各地で、景観条例の制定や景観に配慮した都市、山村整備により、良好な景観の形成に向けた取り組みが進められています。
 このような景観をめぐる気運の高まりを受け、良好な景観の形成を街づくりの重要課題として位置づけるとともに、地方自治体の取り組みを支援するための法的な仕組みが創設されました。
 本研究会は、このような時代の趨勢の中で、「都市、山村の美しい景観・豊かな緑の形成」をテーマとして、これからの都市、山村が相俟って形成する美しい景観と豊かな緑のあり方を探っていくことを目的として開催することといたしました。
 講演は、「都市、山村の美しい景観と豊かな緑の形成」と題して「景観づくり」の原則に基づき農のある風景を身近な生活空間にいかに取り戻すか、そのために都市と農村の連携、地域住民、事業者、行政との連携ついて具体的に論じていただきます。
 次に、「景観緑三法に基づく総合的な施策展開」と題して景観緑三法を概観しつつ今回、抜本的に見直された都市緑地保全法等の一部を改正する法律について法改正の背景、法律の総合的活用方法等を、また、「里山林の再生・整備、国民参加の森林づくりによる美しく住みよい山村づくり」と題して、多様な主体の参加による里山林の再生・整備・利用を進め、地域主体の景観づくり活動や人材育成の支援等による美しく住みよい山村づくりの推進について、さらに、「鎌倉市都市景観形成基本計画」と題して、景観計画に基づく意欲的な取り組みについて紹介していただきます。
 本研究会を契機として、全国各地で美しい景観・豊かな緑の形成が促進されることを期待しております。
 多数の皆様のご参加をいただきたく、ご案内申し上げます。
 2004年10月28日

開会挨拶 財団法人 日本緑化センター

10:00〜10:05
来賓挨拶 国土交通省 都市・地域整備局緑地環境推進室
室長 上島 晃嗣


10:05〜10:20
講演T 景観緑三法に基づく総合的な施策展開
特に都市緑地保全法等の一部を改正する法律について
国土交通省 都市・地域整備局 緑地環境推進室
企画専門官 新田 敬師

10:25〜11:40
 昼食・昼休み 11:40〜13:00
講演U 里山林の再生・整備、国民参加の森林づくりによる美しく住みよい山村づくり
林野庁 森林整備部 計画課 森林総合利用・山村振興企画室
課長補佐(山村振興企画班担当) 吉村 洋

13:05〜14:00
講演V 鎌倉市都市景観形成基本計画
鎌倉市 都市計画部 都市景観課
景観担当係長 比留間 彰

14:05〜15:05
 コーヒー・ブレイク 15:05〜15:25
総括講演 都市、山村の美しい景観・豊かな緑の形成
東京農業大学長・日本都市計画学会会長
教授 進士 五十八

15:25〜16:30
閉会挨拶 財団法人 日本緑化センター

16:30
※講師・講演名については当日一部変更することもあります。ご承知おき下さい。
財団法人 日本緑化センター