グリーン・エ−ジ
もどるホーム
グリーン・エージ 2006年5月号
特集: 里山の活性化に向けて  
内容  地球温暖化対策、生物多様性などに重要な役割を果たす里山について、市民参加の里山管理、環境学習の場としての活用等人と里山の関わりについて紹介します。
また、今月から花芸安達流二代目主宰安達曈子さんの連載が始まりました。花や自然に対する思いを「花によせる心」としてご紹介いただきます。

 

→ オンラインショップで購入

 

 
目次 
今日の課題  
人と自然のふれあいを目指して 大妻女子大学教授 岡島成行
特 集  
  1)里山とは−里山の現状と課題 名古屋大学大学院教授 広木詔三
  2)市民参加の里山作りと未来 京都学園大学バイオ環境学部教授 中川重年
  3)里山での環境学習のあり方 NPO法人グリーンウッド自然体験教育センター
佐藤 陽平
  4)グリーンエッセイ 里山文化考 立教大学大学院教授 内山 節
  5)里山暮らしを楽しむ 里山クラブどんごろす事務局 幸山昌生
  6)「飲水資源」里山を守る森林塾青水 森林塾青水塾長 清水英毅
記 事  
  1)随想・花によせる心−竹 花芸安達流二代目主宰 安達曈子
  2)根の系譜<8> 元森林総合研究所 苅住 f
  3)切手が語る<29>リュウケツジュ 東京環境工科専門学校 羽賀正雄
  3)その他/グリーン・ネットワーク他